資格を取って憧れのマッサージ師になろう!

一定期間の講習で取得

仰向けになる女性

開業も可能

人の体だけではなく、心もほぐすことができるマッサージは、ストレス社会の現代で需要が高まっている分野です。マッサージの技術を身につけて、自分で開業したいと考える人も増えていますが、その為には資格を取る必要があります。しかし、マッサージの資格には様々なものがあるので、試験を受ける前に、自分がどのマッサージの資格を取得したいのかを明確にする必要があります。あん摩マッサージ指圧師を目指すなら、あん摩マッサージ指圧師免許か医師免許を取得せねばならず、取得すると接骨院や整形外科などで働けるほか、開業も可能です。ただ、国家試験なので簡単には取得できず、勉強をしっかり行わねばなりません。取得するのが難しいぶん、ステイタスも高い資格となります。試験は、筆記試験のみで、実技はありません。リンパマッサージの資格は、民間団体によって認定されるため、国家試験より取得しやすくなります。リンパドレナージュ、リンパケアスペシャリスト、リンパ浮腫療法士、整体、カイロプラクティックなど、様々なタイプの資格があり、自分が取得したい資格を選ぶことが大切です。また、民間団体の資格では、試験会場に行って試験を受けるものだけでなく、一定期間の講習を受け、終了したら資格が取得できるものや、自宅でテストを受けて取得できるものなど、ライフスタイルに合わせた取得方法が選択できるものがあります。資格を取得すると、エステで働いたり、開業ができます。

あん摩や指圧を学ぼう

マッサージ

仕事をしている方で、あん摩マッサージ指圧師の国家資格の取得を希望している人も多いでしょう。働きながら取得する方法は、夜間部に通う事です。あん摩マッサージ指圧師の資格は、国が指定した養成学校に3年通ってから、国家資格に受かる必要があります。

More Detail

習得したいスキル

マッサージ

医療現場などで患者さんに直接触れるマッサージの資格には、きちんとした技術スキルが必須です。本来持っている力を引き出すサポートをする資格として、身に付けるだけで医療現場からも、介護や福祉施設などからも求められる技術です。

More Detail

国家試験に合格

タオルを持つ人

あん摩マッサージ師は人気ですが、この職に就きたいのであれば国家試験を受ける必要があります。決して難しくはないので、しっかりと勉強すれば取得も夢ではありません。養成スクールで3年間学び、知識を蓄えていきましょう。

More Detail