資格を取って憧れのマッサージ師になろう!

あん摩や指圧を学ぼう

マッサージ

働きながら学ぶ方法

マッサージは肩こりや腰痛を緩和し、またリラックス効果を与えてくれるため、利用している方も多いでしょう。しかし、現在の日本でマッサージと呼ばれている行為には、医療行為としてのマッサージと、リラクゼーション目的のマッサージの2つが存在しています。医療行為としてマッサージを行う際には、あん摩マッサージ指圧師という国家資格の取得が必要になります。この資格を取得すれば、治療院や整形外科、リハビリ科、また介護施設などで、患者様を治療する事ができるのです。この資格を取得するためには、国が認定している養成学校で3年以上学び、それから国家資格を受験して、受かる必要があります。学費は高いところで、3年で500万円ほどだといわれています。現在仕事をしていて、これからあん摩マッサージ指圧師の資格を目指したい、という方も多いでしょう。仕事をしながら資格取得を目指す方法は、夜間部のある学校に通う事です。夜間部でも、昼間部と変わらない授業を受ける事ができ、18時以降から授業が始まるため、仕事が終わってから通う事ができます。また、夜間部は昼間部よりも、学費が安く設定されており、奨学金や給付金制度などを利用できる学校も多いのです。そのため、学費に不安がある方も、安心して資格取得を目指す事ができます。あん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、3年指定された学校に通う必要があります。そのため、通信教育では学ぶ事ができないので、仕事をしている方が学ぶためには、夜間部が適しているのです。