資格を取って憧れのマッサージ師になろう!

習得したいスキル

マッサージ

似ている術式

医療専門ではリハビリも含めて、ケガの後遺症にも応える柔道整復師や鍼灸師などが活躍しています。柔道整復師や鍼灸師では、痛みの改善や回復などの治療を目的としています。痛みの緩和に繋がる資格には、フットとハンドマッサージを身に付けられるタイプもあります。いわゆる、リフレクソロジストで、反射と学問をあわせた造語ですが、反射療法とも呼ばれています。その特徴としては足の裏や掌などに心地よい刺激を与えることで、身体の不調を改善させます。マッサージの資格は多数あります。中でも、人が本来持っている自然治癒の向上・リラックス効果など、心身ともに癒すことができる資格は、日本で緩和医療やホームケアとして注目度が高まっています。その一方で、欧米諸国では医療現場でも活用されていて、プライベートマッサージの領域を超えた技術を習得できる特徴があります。例えば、がん治療やリンパ浮腫瘍治療の緩和ケア、アレルギー患者に対する体質改善などに活用できる種類です。一方、リンパケアセラピストなる資格も医療現場で活用できる技術の1つです。同じく、リンパ浮腫の患者さんの症状緩和やメンタル部分の癒しとして、マッサージ法を習得するのが特徴となっています。オイルトリートメントを促すことで体調不良などの悩みを改善させる技術をマスターできます。マッサージの手法の1つで、コリに影響したりウイルスに対して反応するリンパ節にアプローチをかけ、症状を改善させてくれるなどの活用ができます。結果的に医療現場でも注目度が高まっています。